千葉の通信制高校に転入して大学受験をしました

通信制高校という選択肢で心が軽くなった

次第に学校に通うことが苦痛になってしまい、休みがちになって、とうとう不登校の状態になってしまいました。
親は入院やリハビリが長かったことが影響しているのではないかと考えているようで、気を使っているのか学校に行きなさいと直接言ってくることはありません。
ただ自分は高校に行ったほうがいいという意識はあるので、次第に追い詰められたような気持ちになりました。
そんな時、高校の担任教師からは無理して学校に来る必要はないけれど、あと1年と少しで卒業資格が得られるのだから退学するのはもったいないと強く引き留めてくれました。
そして今の高校ではなく、千葉にある通信制高校に転入する方法もあると教えてくれて、パンフレットも渡してくれました。
以前から通信制高校の存在は知っていましたが、自分には関係のないものだと考えていました。
ただパンフレットを読んでみたら、高校を中退した人やもう一度勉強をやり直したい人、芸能人やスポーツ選手なども学業と両立させるために通信制高校を選んでいるという人がいることを知り興味を持ちました。
将来のことを考えて、大学に行きたいという漠然とした気持ちはあったので、高校卒業資格は絶対に得たいと思っていました。
それなのに高校に通いたくないという気持ちがあるので、板挟みの状態になっていましたから、通信制高校という選択肢があることで心が軽くなったように感じました。
そこで千葉の通信制高校に転入することに決めましたが、良かったと感じたのは課題を自分のペースで行うことができるということです。

キャンパスニュース|千葉校|通信制高校 クラーク高校
17.09.13
【優勝報告】全国高校総体(インターハイ)新体操女子個人総合優勝。
千葉県知事へ表敬訪問に伺いました。
(柴山瑠莉子さん)https://t.co/TLTYkopijf

— りずも (@rhyth_mo) 2017年9月15日

交通事故後のリハビリで高校を休学した | 通信制高校という選択肢で心が軽くなった | 高校卒業資格を得ることができた

通信制高校 千葉 / 不登校サポートナビ